HOME » 偏頭痛とはどんなもの? » 偏頭痛の分類と診断

偏頭痛の分類と診断

偏頭痛は、前兆のある・なしで2つのタイプに分類されます。それぞれの特徴や診断基準についてまとめました。

偏頭痛は二つに分類される

偏頭痛は数時間~3日ほどの頭痛が、月に数回起こる、生活への支障が高い病気です。頭の片側もしくは両側がズキンズキンと脈打つような激しい痛みが起こり、人によっては、吐き気や嘔吐、光・音・臭いが気になるなど頭痛以外の症状が起こることもあります。また、偏頭痛患者の1~2割には「視界にギザギザ模様が現れる」などの前兆を訴える人もいます。

偏頭痛は、この「前兆」のある・なしで二つに分類されます。

偏頭痛の分類の定義

偏頭痛の分類は、明確な基準があり、国際頭痛分類第3版beta(ICHD-3β)版に準拠します。頭痛治療を専門とする医療センターでは、3桁レベルにまで細分化した診断が行われますが、ここでは主に、「前兆のある偏頭痛」「前兆のない偏頭痛」の二つについて、特徴と診断方法をご紹介したいと思います。

前兆のない偏頭痛

以下に該当する発作が5回以上ある

A.頭痛が4~72時間持続する(服薬等、治療が無効の場合)

B.次の4つの特徴のうち、2項目以上を満たす

  1. 片側性
  2. 拍動性(ズキズキとした痛み)
  3. 中等度~重度の頭痛
  4. 日常的な動作により頭痛が悪化する。または、頭痛のため日常的な動作を避ける

C.頭痛発作中に次の1項目以上を満たす

  1. 悪心または吐き気がある。もしくは両方ある
  2. 光や音に過敏になる

D.ほかに最適なICHD-3βの診断がない

前兆のある偏頭痛

以下の、AまたはBに該当する発作が2回以上ある

A.次の前兆症状が一つ以上ある

  1. 視覚症状
  2. 感覚症状
  3. 言語症状
  4. 脳幹症状
  5. 網膜症上

B.次の4つの特徴のうち、2項目以上を満たす

  1. 少なくとも一つ以上の前兆症状が5分以上かけて徐々に進行するか、二つ以上の前兆が引き続き生じる
  2. 前兆症状が5~60分持続する
  3. 少なくとも一つの前兆症状が片側で起こる
  4. 前兆にともない60分以内に頭痛が起こる

C.頭痛発作中に次の1項目以上を満たす

  1. 悪心または吐き気がある。もしくは両方ある
  2. 光や音に過敏になる

D.ほかに最適なICHD-3βの診断がない。または、一過性脳虚血発作が除外されている

女性の場合は、月経に関連した偏頭痛も

女性の場合は、月経がはじまる2日前から月経3日目までに偏頭痛が起こる人もいます。これを「月経関連偏頭痛」と言います。

月経期間中の偏頭痛は、ほかの時期に比べて症状が重く、「慢性頭痛の診療ガイドライン」ではトリプタン系薬剤の使用が推奨されています。

なお、月経に関連する偏頭痛は、国際頭痛分類第3版beta(ICHD-3β)版では「月経のときだけ偏頭痛発作がある人」と「月経のとき以外にも偏頭痛がある人」の二つのタイプに分類されています。

【免責事項】 このサイトは2016年7月の情報を元に個人が作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

偏頭痛対策におすすめの
サプリメント3選

ズキラック
ズキラック写真 引用元:ズキラック公式HP(http://www.herbal-i.com/zukirac/lp/)
有用成分の数
8種類
特 徴
頭痛対策サプリメントの中で最も配合成分の種類が充実しているサプリメント。生理や更年期による女性特有の偏頭痛に悩む方から高く評価されています。
公式サイトを見る >>
ずきしらずの実
ずきしらずの実写真 引用元:ずきしらずの実公式HP(https://zukishirazu.com/)
有用成分の数
3種類
特 徴
偏頭痛になりやすい人に不足しがちな栄養素を自然由来のものから摂取することができるサプリメント。サポート体制も充実。
公式サイトを見る >>
ズキガード
ズキガード写真 引用元:ズキガード公式HP(http://www.cocorotherapy.com/html/page17.html)
有用成分の数
2種類
特 徴
マグネシウムとカルシウムをバランスよく配合することで、体に無理なく頭痛ケアができるサプリメント。爽やかな青りんご味。
公式サイトを見る >>