HOME » 偏頭痛とはどんなもの? » 頭痛の対処で「とりあえず冷やす」の嘘と本当

頭痛の対処で「とりあえず冷やす」の嘘と本当

頭痛には「偏頭痛(片頭痛、拡張型頭痛)」「緊張型頭痛(収縮型頭痛)」「群発頭痛」の3種類があると言われており、それぞれ頭の痛む場所や対処方法が異なります。頭が痛くなったら頭痛薬を飲む、体を横にする、目を閉じて静かにする・・・など、さまざまな対処方法のうち、今回は「とりあえず冷やしてみる」という対処法について見ていきたいと思います。

「頭痛が起きたら冷やす」のは正しい対処法?

頭痛が起きた時、まず頭や首筋などを冷やすと良いと言われていますが、実はこの方法だけでは、すべての頭痛に対処することができません。

頭痛には偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3種類がありますが、同じ頭痛でも痛みの内容や程度、頻度などが異なります。単に頭や首を冷やすだけでは痛みが軽減されないものもあります。冷やすのとは反対に、血管などを温めることで痛みが治まるという話もありますが、この方法についても、必ずしもすべての頭痛に対応できるものではありません。

頭痛薬を飲んだり、漢方やマッサージが効くといった話もあり、頭痛に対処する方法は一つではないため、頭痛のタイプを見極めながら、正しく対処していく必要があります。偏頭痛の場合、脳の血管が拡張することによって神経が刺激され、痛みが起きるとされています。

そこで、冷たいタオルやハンカチ、あるいは冷却シートなどを使って血管を冷やすことで、拡がった血管を収縮させるよう促し、その結果として痛みが軽減されます。偏頭痛を患っている方については、患部や太い血管の上を冷やすことで痛みが軽減されます。しかし偏頭痛以外の2種類の頭痛については、冷やす以外の方法も選択肢に入れておくと良いでしょう。

3種類の頭痛の違いを確認しよう

偏頭痛(片頭痛、拡張型頭痛)

偏頭痛はもっとも多い頭痛の症状とされており、光や音などの外部からの刺激、ストレス、女性ホルモンのバランスの乱れ、不規則な生活習慣や睡眠不足など、あらゆる要因が関わっています。血管が拡張し、周辺の神経が炎症を起こして発生する痛みであるため、血管の上を冷やすことで痛みへの緩和作用が働きます。

緊張型頭痛(収縮型頭痛)

緊張型頭痛は、偏頭痛とは反対に血管が収縮することで起きる痛みです。首まわりや肩などの筋肉が緊張したり、血流が悪くなるなどして筋肉に老廃物が蓄積し、そこから神経が刺激されて痛みが起きてきます。緊張型頭痛は文字通り「緊張」することによって起きる痛みです。長時間デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたり、心と体にそれぞれストレスがかかるような状況でも、緊張型頭痛を発症しやすくなります。

対処法としては、偏頭痛とは反対にしっかりと体を温めることです。心身を休息させてストレスを軽減することも重要ですし、筋肉のコリを取り除くためにマッサージを受けたり、ストレッチやヨガなどをしてコリをほぐす運動も効果的です。血管が収縮して痛みが現れていますので、ここで首筋や頭などを冷やしてしまうと、かえって逆効果になる可能性もあります。

群発頭痛

群発頭痛は目の奥(眼窩)の周辺から頭のわき(側頭部)にかけて、突き刺すような鋭い痛みが走る症状です。群発期間と呼ばれる期間のうちに、ほぼ毎日同じようなタイミングで痛みが出現するのも特徴的です。群発頭痛は飲酒など、血管が拡張されることで起こりやすくなります。一度起こってしまうと、群発期間中は市販薬で治すのは難しいとされており、血管を冷やす程度では収まらないことも。そのため、群発頭痛が起きないよう普段から対処をしていく必要があります。

対処法としては、偏頭痛と同じく、血管を拡張する作用のあるものに対しては注意を払うようにします。お酒などアルコールを含む飲料や食品を避け、ストレスがかからないようにして、発作が起きそうになった時には深く深呼吸をします。痛む場所を一時的に冷やす方法もありますが、それだけでは収まらないケースがほとんどです。痛みがひどい時には専門医を受診し、発作時に有効な薬剤などを処方していただくようにします。

群発頭痛は偏頭痛と誤解されやすいのですが、まとまった期間に発症し、それを繰り返すという特徴があり、偏頭痛とは痛みの発生パターンが異なります。したがって、ただ首や頭を冷やすだけでは効果がなく、鎮痛剤などで一時的に痛みを抑える方法もあまり効果的とは言えません。普段から頭痛が起きにくいように生活習慣や食生活を見直しつつ、群発頭痛に詳しい専門医の指示に従い、正しく対処していくことが大切です。

 

【免責事項】 このサイトは2016年7月の情報を元に個人が作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

偏頭痛対策におすすめの
サプリメント3選

ズキラック
ズキラック写真 引用元:ズキラック公式HP(http://www.herbal-i.com/zukirac/lp/)
有用成分の数
8種類
特 徴
頭痛対策サプリメントの中で最も配合成分の種類が充実しているサプリメント。生理や更年期による女性特有の偏頭痛に悩む方から高く評価されています。
公式サイトを見る >>
ずきしらずの実
ずきしらずの実写真 引用元:ずきしらずの実公式HP(https://zukishirazu.com/)
有用成分の数
3種類
特 徴
偏頭痛になりやすい人に不足しがちな栄養素を自然由来のものから摂取することができるサプリメント。サポート体制も充実。
公式サイトを見る >>
ズキガード
ズキガード写真 引用元:ズキガード公式HP(http://www.cocorotherapy.com/html/page17.html)
有用成分の数
2種類
特 徴
マグネシウムとカルシウムをバランスよく配合することで、体に無理なく頭痛ケアができるサプリメント。爽やかな青りんご味。
公式サイトを見る >>