HOME » 医薬品編|偏頭痛の対策法 » 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

胃腸の低下やめまい、頭痛の緩和に用いられる漢方「半夏白朮天麻湯」について、含まれている生薬や頭痛への効果などを分かりやすく解説します。

半夏白朮天麻湯の頭痛改善効果

半夏白朮天麻湯は、漢方の古典である「脾胃論(ひいろん)」に記載されている漢方で、弱った胃腸の機能改善や、めまいや頭痛をともなう場合に用いられます。漢方では、体内の水分代謝が滞った状態を「水毒」と言いますが、この水毒に有効なのが半夏白朮天麻湯で、体内の水の巡りをスムーズにすることで余分な水を排出し、消化器の不調を和らげます。また、めまいは、平衡感覚の働きが乱れるときに起こりますが、漢方ではこの原因に水毒を疑います。水毒はめまいを発症させると考えられているため、半夏白朮天麻湯を服用することでめまいの症状緩和に用いることも多いようです。めまいの症状とともに、頭痛、頭重感、吐き気、手足の冷えの症状を伴う時にも有効です。

半夏白朮天麻湯の服用に向いている人

半夏白朮天麻湯は、「胃腸が弱い」「足が冷えやすい」「めまいがある」「頭痛がある」「体力が中等度以下」の人に向いている漢方薬です。日ごろから食欲がなく、すぐに疲れてしまう体質の人に有効です。

半夏白朮天麻湯に含まれている生薬

半夏白朮天麻湯には次のような生薬(天然由来成分)が含まれています。

半夏白朮天麻湯に含まれる食薬は12種類と、多くの生薬が含まれています。名前の由来ともなっている半夏には、吐き気やムカムカ、嘔吐をおさえる働きがあり、漢方では大変重要な生薬です。白朮と茯苓、沢瀉には利尿作用があり、水分の循環を整えて余分な水分を取り去ります。

さらに、天麻は、めまいやふらつき、頭痛をおさえる効果があると言われています。めまいにともなう頭痛には有効ですが、反頭痛の常備としては呉茱萸湯などを用いるなどして、症状によって使い分けていくことをおすすめします。

半夏白朮天麻湯の服用方法

1日、7.5gを2~3回に分け、食前もしくは食間に経口投与します。副作用は滅多にありませんが、人によっては服用時のむかつきや食欲不振、軽い吐き気、発心、かゆみなどが起こることもあります。

服用を続けるうちに慣れることが多いですが、副作用がつらい時は医師に相談しましょう。

【免責事項】 このサイトは2016年7月の情報を元に個人が作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

偏頭痛対策におすすめの
サプリメント3選

ズキラック
ズキラック写真 引用元:ズキラック公式HP(http://www.herbal-i.com/zukirac/lp/)
有用成分の数
8種類
特 徴
頭痛対策サプリメントの中で最も配合成分の種類が充実しているサプリメント。生理や更年期による女性特有の偏頭痛に悩む方から高く評価されています。
公式サイトを見る >>
ずきしらずの実
ずきしらずの実写真 引用元:ずきしらずの実公式HP(https://zukishirazu.com/)
有用成分の数
3種類
特 徴
偏頭痛になりやすい人に不足しがちな栄養素を自然由来のものから摂取することができるサプリメント。サポート体制も充実。
公式サイトを見る >>
ズキガード
ズキガード写真 引用元:ズキガード公式HP(http://www.cocorotherapy.com/html/page17.html)
有用成分の数
2種類
特 徴
マグネシウムとカルシウムをバランスよく配合することで、体に無理なく頭痛ケアができるサプリメント。爽やかな青りんご味。
公式サイトを見る >>