HOME » 医薬品編|偏頭痛の対策法 » 釣藤散(ちょうとうさん)

釣藤散(ちょうとうさん)

偏頭痛の緩和に古くから用いられている漢方「釣藤散」について、含まれている生薬や頭痛に対してどんな効果があるのかなどを分かりやすく解説します。

釣藤散の頭痛改善効果

釣藤散は、漢方の古典である「本事方(ほんじほう)」に記載されている漢方薬で、古くから頭痛やのぼせ、精神不安などに効果があるとして愛用されてきました。最近では、中年以降に起こりやすい高血圧や頭痛、頭重感を緩和する目的として広く用いられています。

釣藤散が頭痛に効く理由は、脳の血管を広げる作用を持っているから。血流が改善されるため、頭痛が起こりにくくなると言われています。ただし、日常生活に支障があるような重度の頭痛には使用されません。朝起きた時に頭痛があり、時間が経つにつれて痛みが引くような軽度の頭痛に有効です。

釣藤散の服用に向いている人

釣藤散は「体力が中等度」、「40代以降」、「高血圧傾向」、「慢性的な頭痛、頭重感がある」人に向いている漢方で、体に冷えのある人は効きにくいようです。

釣藤散に含まれている生薬

釣藤散には次のような生薬(天然由来成分)が含まれています。

釣藤散の名前の由来でもある釣藤鈎に血管を広げる作用があります。そのほか、炎症を鎮めたり、充血をおさえたりして、のぼせを冷ます働きをもつ石膏や、体内の水の巡りをよくする半夏や茯苓なども含まれています。

上記のように、たくさんの生薬によって朝起きた時の頭痛やめまいを軽減したり、日中の肩こりや気分の優れない状態を緩和したりします。頭痛の原因に多角的にアプローチできるのが釣藤散の特徴です。

釣藤散の服用方法

1日、7.5gを2~3回に分け、食前もしくは食間に経口投与します。

副作用は滅多にありませんが、服用後のむかつきや、食欲不振などが起こることもあります。副作用の症状がつらい時は医療機関を受診しましょう。

【免責事項】 このサイトは2016年7月の情報を元に個人が作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

偏頭痛対策におすすめの
サプリメント3選

ズキラック
ズキラック写真 引用元:ズキラック公式HP(http://www.herbal-i.com/zukirac/lp/)
有用成分の数
8種類
特 徴
頭痛対策サプリメントの中で最も配合成分の種類が充実しているサプリメント。生理や更年期による女性特有の偏頭痛に悩む方から高く評価されています。
公式サイトを見る >>
ずきしらずの実
ずきしらずの実写真 引用元:ずきしらずの実公式HP(https://zukishirazu.com/)
有用成分の数
3種類
特 徴
偏頭痛になりやすい人に不足しがちな栄養素を自然由来のものから摂取することができるサプリメント。サポート体制も充実。
公式サイトを見る >>
ズキガード
ズキガード写真 引用元:ズキガード公式HP(http://www.cocorotherapy.com/html/page17.html)
有用成分の数
2種類
特 徴
マグネシウムとカルシウムをバランスよく配合することで、体に無理なく頭痛ケアができるサプリメント。爽やかな青りんご味。
公式サイトを見る >>